クラウドセキュリティ研究会

第22回クラウドセキュリティ研究会 兼 第23回新技術クラウド研究会
「新しい生活様式とDXのキーワード、「トラストサービス」の動向」

来る1月21日(木)、「第22回クラウドセキュリティ研究会 兼 第23回新技術クラウド研究会」を開催いたします。
新型コロナウィルス感染症拡大防止の影響を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。感染症拡大防止のため、ASPIC主催クラウド研究会はオンラインのWebセミナー形式で開催しております。

コロナ禍で新しい生活様式が定着する中、DX対応が企業存続のカギとなっております。その中でも、脱ハンコとして、リモートワーク、業務のペーパーレス化、電子化を検討する企業が増えており、電子署名やタイムスタンプの需要が急激に高まっています。
この様な中、2018年から総務省で議論されてきた「トラストサービス」が中核技術として認識され、政府が2020年7月17日に閣議決定した「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」の変更における「新IT戦略」の中でもトラストサービスの推進に触れられています。これらの動向が今後のクラウドサービスに与えるインパクトは計り知れません。
そこで、今回は総務省タイムスタンプ認定制度検討会で座長代理を務められている東京電機大学准教授の柿崎先生をお招きし、「トラストサービス」の動向と今後のクラウドビジネスへのヒントについてお話しいただきます。

クラウドビジネス関係者にとって大変参考になるお話を聞くことができる機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

日程
2021年1月21日(木)
時間
15:00〜16:50(受付開始 14:30〜)

講師内容

タイトル

「新しい生活様式とDXのキーワード、「トラストサービス」の動向」

講師

東京電機大学 研究推進社会連携センター 准教授 柿崎 淑郎様

講演概要

今回は、トラストサービスについて政府系が進めるeIDAS規則、電子署名、タイムスタンプ、eシール、リモート署名等に加えて、マイナンバーカードの活用、ブロックチェーンによるトラストサービスまで幅広く解説頂き、今後のクラウドサービスへの影響について皆様と意見交換したいと考えます。

講師略歴

2008年 東京理科大学工学部第一部電気工学科 助教,
2013年 東京電機大学未来科学部情報メディア学科 助教,
2018年より,東京電機大学研究推進社会連携センター 准教授.
ISO/TC154 国内審議委員会 委員,
足立区 情報公開・個人情報保護審議会 委員,
総務省 タイムスタンプ認定制度に関する検討会 座長代理,
科学技術振興機構 戦略的イノベーション創造プログラム アドバイザリーボード専門委員,などを歴任.

スケジュール

開会挨拶
15:00〜15:10
ご講演
15:10〜16:10
質疑応答
16:10〜16:30
個別質問・連絡先
交換等
16:30〜16:50

Webセミナーツール

ツール
Zoomミーティング
注意事項
※申し込み頂いた方個別にZoom会議参加リンク等を送付いたします。
※できるだけ通信状態が安定した有線LAN環境でご視聴ください。
ブラウザだけで視聴可能ですが、アプリをインストールして視聴していただいた方が品質良く視聴できます。

参加者

ASPIC会員・ASPIC会員外(50名程度)

受講料

  • ASPIC会員 無料
  • ASPIC会員外 5,000円
    注)ASPIC会員外はクラウド研究会事務局(問い合わせ先)にメールでご連絡下さい。

申込先

申込は締め切りました。

申込締切日

2020年1月18日(月)

本件問合せ先

ASPICクラウド研究会事務局(岩田、国松)
E-mail:seminar@aspicjapan.org
 TEL:03-6662-6591