クラウドセキュリティ研究会

第32回クラウドセキュリティ研究会
「内部不正防止と秘密情報保護の新潮流の解説」
  〜IPAガイドラインと経済産業省ハンドブック改訂のポイントを読み解く〜

組織内部者の不正による顧客情報や製品情報などの漏えいは事業の根幹を揺るがすインシデントであり、内部不正が発生するリスクの把握や効果的な対策の検討は、組織にとって喫緊の課題です。IPA(情報処理推進機構)では、このような背景から、企業やその他の組織において必要な内部不正対策を効果的に実施可能とすることを目的として、2013年に「組織における内部不正防止ガイドライン」を作成し、改訂を続けてきています。このガイドラインは、内部不正防止の重要性や対策の体制、関連する法律などの概要を平易な文体で説明しており、「基本方針」「資産管理」「技術的管理」「職場環境」「事後対策」等の10の観点のもと、合計33項目からなる具体的な対策を示しています。

各対策項目では、「対策の指針」を冒頭に記し、対策しない場合のリスクと、具体的な対策のポイントを整理する構成となっています。さらに、内部不正の事例のほか、自組織の内部不正対策の状況を把握するための33項目のチェックシート、対策のヒントとなるQ&A集なども用意されています。

今回のご講演は、セキュリティ分野の取組みについて詳しいNTTデータ経営研究所のエグゼクティブスペシャリスト 三笠武則様に、「組織における内部不正防止ガイドライン」について概要をご説明していただきます。

クラウドビジネス関係者にとって大変参考になるお話を聞くことができる機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

日程
2022年12月1日(木)
時間
15:00〜16:30(受付開始 14:45)

講演内容

タイトル

「内部不正防止と秘密情報保護の新潮流の解説」
〜IPAガイドラインと経済産業省ハンドブック改訂のポイントを読み解く〜

講師

株式会社NTTデータ経営研究所 エグゼクティブスペシャリスト
三笠 武則様

東京工業大学CUMOT サイバーセキュリティ経営戦略コース コーディネーター
一般社団法人 日本クラウド産業協会(ASPIC)理事
空港保安の将来像研究会 事務局
営業秘密保護推進研究会(APPTraS) 事務局長 

講演概要

2022年4月から5月にかけて、IPA「組織における内部不正防止ガイドライン」と経済産業省「秘密情報の保護ハンドブック」が相次いで大幅改訂されました。
いずれも5年以上を経て改訂されたものであり、その改訂内容は広範囲に及んでいます。
また、両者の内容には強い相関がありますが、今回一貫した改訂が行われています。
本研究会では、今回の大幅改訂の背景を俯瞰するとともに、改訂内容の重要ポイントを、クラウド事業者の留意点という観点から解説させていただきます。

【ご参考】最近の三笠様が関与されたご講演です。

スケジュール

開会挨拶
15:00〜15:15
ご講演
15:15〜16:15
質疑応答
16:15〜16:30

参加者

ASPIC会員及び会員外(50名程度)

受講料

  • ASPIC会員  無料
  • ASPIC会員外 5000円

注)ASPIC会員外はクラウド研究会事務局にご連絡の後、申込み締切日までに、参加費を所定の口座に振り込みください。

申込先

参加ご希望の方は、下記ボタンよりお申し込みください。

申込締切日

11月29日(火)

Webセミナーツール

zoom webiner

注意事項:できるだけ通信状態が安定した有線LAN環境でご視聴ください。
何もインストールなど行わず、ブラウザだけで視聴可能ですが、アプリをインストールして視聴していただいた方が品質良く視聴できます。

本件問合せ先

ASPICクラウド研究会事務局(高橋、門井)
E-mail:seminar@aspicjapan.org
TEL:03-6662-6591