会長挨拶

日本クラウド産業協会への名称変更

平素、弊法人の事業活動に、ご理解とご支援を賜り、心から御礼と感謝申し上げます。

令和4年4月1日より、一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(略称:ASPIC)は法人名称の変更を行います。

変更後の名称

名  称
一般社団法人日本クラウド産業協会
英文名称
Japan Cloud Industry Association
代  表
河合 輝欣 (会長)
特定非営利活動法人 日本クラウド コンソーシアム 会長 河合輝欣

これまで略称として使用してきました「ASPIC」は、呼称として引き続き使用いたしますので、よろしくお願いいたします。

背景

新しいイノベーション、AI、ビックデータ、IoT、ロボットを支えるインフラがクラウドサービスとなっており、正にクラウド産業がSociety5.0を支える社会インフラになっています。

このような環境の中、ASPIC創立以来22年の事業活動の実績をもとに、第二の創業期と位置付け、AI・IoT分野への事業内容の充実、拡大を行い、クラウド産業業界の一層の拡大、発展、クラウド市場の創造、情報基盤の確立、企業の生産性向上に寄与し、持続可能な豊かな社会の実現と国際社会に貢献すると共に、Society5.0の実現に向けより一層存在感のある法人としたいと考えております。

法人名称等変更の目的

日本におけるクラウド事業者の協会として、当法人の存在を広く世間へ浸透させ、以て、会員の皆様の更なる事業の発展をご支援していくために、次の考え方で名称変更を行います。

  1. (1) 当法人の認知度の更なるアップを図る
  2. (2) 当法人の存在を広く世間へ浸透しやすくする
  3. (3) 事業を端的に表現する名前にする
  4. (4) 事業領域の拡大する企業の姿勢をPRする
  5. (5) 長い法人名を短い法人名にする

ASPICの活動

ASPICはクラウドサービス(ASP)の黎明期である1999年に、業界唯一の団体として創立し、以来、22年にわたり、「ASP・SaaS・クラウドの普及促進と市場の拡大」及び「安心・安全なクラウドサービスの実現」を2大目標として事業を展開してまいりました。総務省、経済産業省をはじめ会員の皆様の厚い御指導、御支援の賜物と改めて御礼申し上げます。

令和3年度の活動の概要

(1) 総務省等調査研究の実施
  • AIクラウドサービスガイドライン案の策定
  • 「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の策定・公表
  • クラウドサービスの適切な設定の促進に関する調査研究の受注
  • 次世代のクラウドサービスの課題の検討
(2) クラウドサービス情報開示認定制度
  • 認定審査委員会5回開催し、新たに16サービスを認定
  • 既存サービスも順調に更新し、2021年12月現在認定累計293サービス199社達成
  • 会員企業、アワードエントリー企業、認定取得企業への認定申請料割引制度の実施
(3) クラウドサービス紹介サイト 「アスピック」の推進
  • テレワークの拡大に伴い、クラウドサービスの需要が急拡大
  • 2019年4月からスタートし、2022年3月末現在 416サービス登録
  • 月間サイト訪問者数 21万人以上
(4) 第15回ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021の実施
  • エントリーサービス155 103サービス表彰
  • 全国14都道府県からの応募、オンライン審査の実施
  • 累計1251サービスのエントリー 653サービスの表彰
(5) クラウド研究会の積極的な展開
  • コロナ禍の状況下、Webセミナー形式による研究会19回実施 参加者総数約千名
  • 8分野の多様なテーマで、業界の最新情報を提供
(6) 政府等委員会への参画・提言の実施
  • ISMAPの運営に関する協力
  • 情報通信研究機構(NICT)の助成金に関する評価委員会への参加
  • 政府・与党への税制等提言
  • 総務省 情報通信審議会主査ヒアリングにおける提言
(7) 情報提供活動の推進
  • クラウドトピックス(新聞記事)の発信
  • 官庁等調達情報の発信
  • ASPICレポートの発信(月刊発行)、ASPICレポートレビュー(半期ごと発行)
  • 会員イベント情報の発信

今後もIoT、AIクラウドサービスの安心安全な市場創造を行ってまいります。

2022年4月

一般社団法人日本クラウド産業協会(ASPIC)
会長 河合 輝欣